画像:ショッパークラブより

三菱地所・サイモン株式会社は2018年6月7日、同社が運営するサービス「ショッパークラブ」が受けたサイバー攻撃の詳細を明らかにしました。

同社発表によると、攻撃者は脆弱性を持つウェブサイトに対して不正なコードを注入して侵入を試みる「SQLインジェクション」を用いていたことが判明。

被害件数が合計約27万件であると同時に、同社の保有する情報の漏洩が確定したことを報告しています。

関連記事三菱地所「ショッパークラブ」の会員情報流出か、事実関係を調査中

原因はウェブアプリケーションの脆弱性か

同社が行った発表は、民間の調査機関の報告を踏まえたものです。

同社は3社の民間調査機関に調査を依頼し、ホームページ用サーバーのログ解析、セキュリティ診断、外部データの確認調査等を実施。最終調査報告により、ウェブアプリケーションの一部にSQLインジェクションに対する脆弱性があることが推測されています。

被害の規模は?

同社の発表によると、今回の不正アクセスで漏洩した会員情報は合計約27万件。内訳は以下の通りです。

  • メールアドレスとログインパスワードが一致している情報:約24万件
  • メールアドレスのみが一致している情報:約3万件

なお、同社報告では漏洩した情報が既に外部データとして流出しており、民間調査機関を通じて合計5カ所で確認されたことを発表しています。

参照ショッパークラブ会員情報の流出に関する調査結果のご報告/三菱地所・サイモン株式会社(PDF)

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。