サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

聖教新聞社通販サイトから個人情報18万件流出か、偽サイト誘導でクレカ情報も窃取



画像:SOKAオンラインストアより

聖教新聞社は2018年10月15日、同社の書籍通販サイト「SOKAオンラインストア」が受けた2018年9月に受けたサイバー攻撃について、続報を発表しました。

発表は第三者調査機関PCF社の調査結果を踏まえたもので、2014年10月1日~2018年8月24日に会員登録を行ったユーザー情報9万8,852件・会員登録せずに商品を購入などをしたユーザー情報8万2,848件に加えて、2018年7月30日~2018年8月24日にカード情報を入力した2,481件に流出可能性あるとのこと。

攻撃者は偽の決済画面を表示することで、情報を得ていたものと見られています。

偽のカード画面表示による巧妙な手口

聖教新聞社の発表によると、攻撃者は同社オンラインストアのサーバーに対して、不正ファイルを混入することでプログラムの改ざんを行ったとのこと。

その手口は非常に巧妙で、同社オンラインストアを閲覧したユーザーは、正規サイトにアクセスしたにも関わらず、偽のカード決済画面にジャンプするように設定。更に騙されて偽サイトに情報を入力してもエラーが表示され、本来の決済画面に転送されるというスタイルを取っていたとのことです。

巧妙な作りが発覚を遅らせる

調査報告によると、プログラム改ざんは2018年7月30日に発生していました。

しかし決済代行会社から「漏洩の可能性がある」と通報を受けた2018年8月24日まで、危険性は明らかになっておらず、攻撃者の巧妙な手口が影響しているものと考えられます。

最終的に一連のサイバー攻撃により生じた被害は、個人情報合計約18万件に加え、カード情報2481件と膨大です。巧妙化の一途を辿るサイバー攻撃には、より強い警戒が必要と言えるでしょう。

「SOKAオンラインストア」発表による被害規模

  • クレジットカード情報:2,481件
  • 会員登録したユーザー情報(会員の方が登録した配送先情報を含みます):9万8,852件
  • 会員登録せずに商品を購入などをしたユーザー情報:8万2,848件

参照「SOKAオンラインストア」調査結果について(10/10更新)/SOKAオンラインストア







  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。