画像:お客様へのメール誤送信について/阪神タイガースより

プロ野球チームの阪神タイガースは2019年2月19日、同チームの外部委託先がチケット案内メールの誤送信した件について、被害件数や流出情報の内訳などを明らかにしました。

同チームの発表によると、誤送信の原因は送信データ編集時の人為的な操作ミス。送信データのメールアドレスと顧客情報にズレがあり、チケット案内メールに本人以外の情報が掲載されたとしています。

氏名や電話番号などが流出

阪神タイガースが明かしたところによると、今回のインシデントで合計1,369アドレスについて影響が発生。氏名の漢字や読み仮名・電話番号などが表示されたとしています。

なお同チームは再発防止に向けて業務委託先と協議を実施すると発表。現在は影響を受けた顧客に向けて、電話等での連絡を実施しているとのことです。

参照お客様へのメール誤送信について/阪神タイガース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?