児童らの診療情報44件が記録されたCD-ROMを紛失|大阪府家庭支援課

画像:個人情報が記録されたCD-ROMの紛失について/大阪府より

大阪府家庭支援課は2019年2月8日、大阪府にある児童養護施設等にて入所児童らのレセプト情報(診療報酬請求明細書)合計44件が記録されたCD-ROMを紛失したと明らかにしました。

CD-ROMは郵送により届けられ、非常勤職員がロッカーにて保管していたとのこと。記事発表時点でも発見には至っていませんが、CD-ROM自体にセキュリティ対策が施され、外部からの読み取りは困難なものと説明しています。

複数名が使用するロッカーに保管

CD-ROMを2018年10月10月に受領され、ロッカー内に保管されていました。ところが2018年11月9日に確認した時点で、なくなっていることが判明。紛失した職員は支払い業務担当の職員に報告し、施設内の捜索を進めたものの、発見には至っていません。

家庭支援課は紛失の原因について、

  • CD-ROMを保管していたロッカーは複数名が使用しており、他の職員が他の書類と混在させた
  • CD-ROM自体が適正な場所に保管されていなかった

上記のように、複数の可能性が考えられると説明しています。

個人情報の取扱い指針をルール化

家庭支援課は今回のインシデントを受け、個人情報の取扱い体制の強化を進める考えを示しています。

具体的には、

  • CD-ROMやUSBなど外部記憶媒体の管理簿の記載を徹底
  • 記憶媒体の定期的な所在確認を実施
  • ディスクの保管場所を担当職員のみが使用するロッカーに変更

上記のような施策を発表しています。

参照個人情報が記録されたCD-ROMの紛失について/大阪府

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?