不正アクセス被害でHIV患者らの個人情報1万6,000件が流出|シンガポール保健省

画像:シンガポール保健省より

シンガポール保健省は2019年1月28日、シンガポール国内に在住するHIV患者の情報データベースが不正アクセスを受け、1万4,200人分の個人情報がオンライン上に流出したと明らかにしました。

不正アクセスを手掛けたのは、過去詐欺や違法薬物の罪でシンガポールから追放された米国人の男性。容疑者はシンガポール人の医師とパートナー関係にあり、医師が持つアクセス権限を利用し流出に関わったものと見られています。

詳しい連絡先や医療情報も流出

シンガポール当局によると、容疑者が所持している情報は、2013年1月までにシンガポールでHIV診断を受けたシンガポール人の個人情報5,400件と、2011年12月までにHIVに感染した外国人の個人情報8,800件です。

容疑者が医師を通じてアクセスしたデータベースには、各人の詳細な個人情報が記録されており、氏名や個人識別情報に加えて、住所や電話番号などの連絡先や関連する医療情報も含まれているとのこと。HIVは病歴の中でも特にセンシティブ性の高い情報。深刻な被害が生じた形です。

逮捕できず再発の可能性も

更に悪いことに、シンガポール当局は容疑者の身柄を抑えていません。

容疑者は既に過去の犯罪が引き金でシンガポール国内から追放処分を受けて以来、国内に戻ってきた形跡がないとのこと。当局は流出した情報へのアクセスを遮断しましたが、再び個人情報を流出する可能性があるとしています。

HIV患者を狙ったサイバー攻撃としては、過去最悪のものになるかもしれません。

参照シンガポールのHIV陽性者1万4200人の個人情報がオンラインに流出/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?