ドイツ|メルケル首相含む政治家らの個人情報100件以上がTwitter上で公表

ドイツ政府は2019年1月4日、同国首相のメルケル氏を含む政治家の個人情報約100件などがTwitter上に流出していると明らかにしました。

同国及び報道メディアによると、流出した個人情報は氏名や住所だけでなく、携帯電話番号や請求書、身分証明書の写しなども含んだ重大なもの。流布は2018年度末にはじまり、現在も拡散しているとのこと。

ハッカーが公表

今回の情報流出は攻撃者と見られるハッカーが自ら政治からの個人情報を公開したことにより、明らかになったものです。

ただし具体的な手口や入手経路は明らかにされておらず、ドイツ政府セキュリティー庁も言及を避けている状況。同庁は今後調査を進める方針を明らかにしており、真相解明へと駒を進める方針です。

参照メルケル首相も被害 ドイツ政治家ら個人データ大量流出/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?