ドイツ連邦刑事局は2019年1月8日、ドイツのメルケル首相など政府関係者100人超の個人情報が流出したインシデントについて、ヘッセン州で20代の男性容疑者を逮捕したと発表しました。

情報によると、逮捕された男性容疑者は20代の学生。警察は2019年1月6日に男性容疑者が両親と同居する住宅を家宅捜索し、容疑を確定したとしています。

政治上の不満から犯行へ

警察の発表によると、逮捕された男性容疑者は流出被害を受けた政治家やジャーナリストらの「発言に対する不満」から犯行に及んだとのこと。

警察側は男性の氏名や思想傾向などを公表していないものの、排外主義傾向の強い政党の政治家に対しては被害が確認されていません。

参照政治家らの個人情報が大量流出、容疑者の男を逮捕 ドイツ/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?