画像:情報処理推進機構より

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2018年8月27日、ビジネスメール詐欺攻撃があらゆる国内企業・組織にとって差し迫った脅威であると発表を行いました。

今回の発表の背景には、日本語メールによる攻撃事例が相次いで確認されていることが影響しており、その手口の巧妙さに注意喚起を呼び掛けている状況です。

日本語を用いた巧みな詐欺

IPAは2018年7月にはじめて日本語によるビジネスメール詐欺が行われたことを報じています。

同組織は以前からビジネスメール詐欺を確認し続けてきたものの、その大半は英文のものとのこと。ところが今回確認されたビジネスメール詐欺では、巧みな日本語が用いられており、簡単に識別はできません。企業にとって大きな脅威です。

日本語のビジネスメール詐欺のメール

確認されたビジネスメール詐欺例

  1. 実在するCEOを詐称して「機密扱いでお願いしたい」とメールを送信
  2. 本文に偽の弁護士を登場させ、「相談したいことがある」と要請
  3. その後、仮想通貨購入の準備と称して、国際送金を要請する

警戒すべき5タイプの攻撃

IPAでは、ビジネスメール詐欺に多い5つのタイプを紹介、警戒を促しています。今後同様の手口が増える可能性は非常に高く、併せて警戒が必要です。

ビジネスメール詐欺に多い5つのタイプ

  • 取引先の請求書の偽装する
  • 経営者になりすまして送金を要請する
  • メールアカウントを乗っ取り詐欺メールを送信する
  • 実在する顧問弁護士等を詐称し振込を要求する
  • 経営層や人事部に成りすまして情報提供を求める

参照【注意喚起】偽口座への送金を促す“ビジネスメール詐欺”の手口(続報)/情報処理推進機構

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?