サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Typeform社不正アクセス被害により情報漏洩の可能性、株式会社Cogent Labs



画像:株式会社Cogent Labsより

株式会社 Cogent Labsは2018年7月6日、Typeform社がサイバー攻撃を受けた事により、自社が保有する個人情報のうち一部が漏えいした可能性があることを発表しました。

Cogent Labs側の説明によると、同社はウェブサイトの問合せ機能にて、Typeform社の提供するサービスを利用していたとのこと。Typeform社がサイバー攻撃を受けたことにより、影響を受けたと説明しています。

事案の経緯や被害は?

Cogent Labsの説明によると、漏洩した可能性があるのは2017年1月18日~11月19日の間に問合せを行った顧客情報とのこと。経緯や詳細については、被害可能性のある顧客に対して個別に連絡すると説明しています。

なお、同社は発表時点で今回問題となったサービスは利用していないとのことです。

Typeformの影響

Typeform社は海外に拠点を置く企業ですが、日系企業の顧客も利用しており、複数企業に影響が生じました。

Z会子会社のアオイゼミについても、情報漏洩の可能性があると報じられています。

関連記事Z会子会社が情報漏洩の可能性、アンケートシステム委託先が不正アクセス被害
参照お客様情報流出の可能性に関するご報告とお詫び/株式会社 Cogent Labs


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。