画像:株式会社Cogent Labsより

株式会社 Cogent Labsは2018年7月6日、Typeform社がサイバー攻撃を受けた事により、自社が保有する個人情報のうち一部が漏えいした可能性があることを発表しました。

Cogent Labs側の説明によると、同社はウェブサイトの問合せ機能にて、Typeform社の提供するサービスを利用していたとのこと。Typeform社がサイバー攻撃を受けたことにより、影響を受けたと説明しています。

事案の経緯や被害は?

Cogent Labsの説明によると、漏洩した可能性があるのは2017年1月18日~11月19日の間に問合せを行った顧客情報とのこと。経緯や詳細については、被害可能性のある顧客に対して個別に連絡すると説明しています。

なお、同社は発表時点で今回問題となったサービスは利用していないとのことです。

Typeformの影響

Typeform社は海外に拠点を置く企業ですが、日系企業の顧客も利用しており、複数企業に影響が生じました。

Z会子会社のアオイゼミについても、情報漏洩の可能性があると報じられています。

関連記事Z会子会社が情報漏洩の可能性、アンケートシステム委託先が不正アクセス被害
参照お客様情報流出の可能性に関するご報告とお詫び/株式会社 Cogent Labs

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?