画像:株式会社葵より

学習支援事業などを手掛けるZ会の完全子会社の「株式会社葵」は2018年7月2日、何者かの不正アクセスによりアンケートシステムがサイバー攻撃を受け、個人情報141件を含む約5,400件のデータが流出したと発表しました。

攻撃を受けたアプリは「スマホ学習塾 アオイゼミ」。運営元である「Typeform社」がサイバー攻撃を受けた事により、情報漏洩へ至ったと説明しています。

事案の経緯は?

株式会社葵の説明によると、事案は2018年6月27日にTypeform社が認識。2018年6月30日にTypeform社より同社への通知が行われ、攻撃者がTypeform社の一部のバックアップデータを不正にダウンロードしたことが明らかになりました。

ダウンロードデータには株式会社葵のアプリが収集したアンケート情報が含まれており、今回の事案へと至った形です。

被害規模や再発防止策は?

今回の事案で流出したのは2017年5月8日~2018年3月9日の間に、同社が実施したアンケート情報です。個人情報は141件ほど含まれており、流出数は131名分のデータとのこと。

流出内容は以下のいくつか、もしくは全てです。

  • 生徒氏名
  • 生徒メールアドレス
  • 保護者氏名
  • 保護者メールアドレス
  • 電話番号

葵側は今回の事案を受けて、被害関係者にメールにて個別に謝罪。更に電話窓口を開設する対応を取っています。また、システムに関しては、別サービスへの乗り換えや自社システム開発も視野に入れた対応を実施すると説明しています。

参照お客様情報の流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社葵

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?