画像:株式会社二見書房より

書籍出版などを手掛ける株式会社二見書房は2018年6月18日、同社の提供する「シャレード文庫」のウェブサイトにて、情報漏洩が発生した可能性を発表しました。

同社およびセキュリティーシステム会社が実施した照合調査によると、同社のメルマガ会員情報のうち合計3,375件の情報が外部サイトにて存在している状態とのこと。同社は関係者に対して謝罪を行うと同時に、パスワードの変更等の注意喚起を促しています。

原因はサーバー・ウェブアプリケーションの脆弱性か

株式会社二見書房は今回の事案の原因について、「サーバーに不正アクセスされ流出したもようです」と説明しています。

また、再発防止策について「サーバー、Webアプリケーションの脆弱性の確認と修正に努めます」と説明していることから、何らかの脆弱性により不正アクセスが行われたと考えられる状態です。

なお、現状では既に脆弱性の修正を実施しており、公表後の流出件数の増加は認められないと述べています。

流出した情報や再発防止策は?

今回の事案で流出した可能性のある情報は合計3,375件。内訳は下記の通りです。

メルマガ会員情報:メールアドレス・パスワード
(パスワードの暗号化を行っておらず、平文にて記録されているとのこと)

株式会社二見書房は今後、セキュリティ対策の強化を行うと結んでいます。

参照「シャレード文庫」メルマガ会員情報流出に関するご報告とお詫び/株式会社二見書房

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?