画像:神戸起業操練所より

神戸市産業振興財団は2018年6月21日、同財団の組織である「神戸起業操練所」にてメール設定のミスによる情報漏洩が発生したことを明らかにしました。

同財団によると、今回の送信ミスにより合計61名分のメールアドレスが流出。関係者にメールにて謝罪を行うと共に、事案の経緯を説明しています。

事案の経緯は?

今回の事案が発生したのは2018年6月20日、担当者がビジネスマナー・交流会の案内をメール送信する際に発生しました。

複数名の外部の相手にメール送信を行う場合、通常は受信者同士によるメールアドレスの共有が行われない「Bcc」を用います。しかし、今回の事案では操作を誤り、「To」にて送信を行ったとのこと。これによりメールアドレスの共有が行われ、情報漏洩が確定しました。

関連記事メール設定ミスにより事業者366件分のメールアドレスを漏洩、和歌山市
関連記事公正取引委員会、メール送信の設定ミスで188件の情報漏洩
関連記事メール設定ミスにより134件が情報漏洩、国立環境研究所

再発防止策は?

財団側は今回の事案について、「会員の皆さまにメールを配信する際の事務作業について、慎重さを欠いたことが原因」と説明しています。また、再発防止策としてメールチェック体制を強化した上で、個人情報の取扱いに細心の注意を払うと言及。

ただし、メール設定に対するリテラシーや、個人情報に対する意識の在り方もビジネスマナーの1つ。今後の対策の実施状況は、同財団の信用に関わる問題です。

参照「神戸起業操練所」運営にかかるメールアドレスの誤送信について/神戸市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?