画像:和歌山市報道発表資料(PDF)より

和歌山県和歌山市の産業政策課は2018年6月16日、職員がメール設定のミスを起こした結果、情報漏洩が発生したことを明らかにしました。

市の発表によると、被害規模は事業者366件分のメールアドレス情報です。同市が運営する企業情報サイトにて、経営者向けセミナーである「生産性向上セミナー」の開催を知らせる連絡過程にて生じたと説明しています。

事案の経緯は?

今回の設定ミスは2018年6月15日に発生しました。

担当者が企業情報サイト登録事業者に対してメールを送信する際に、「BCC」と入力すべきところを「To」設定で送信。その後、事態に気が付いた市は被害規模の把握を行うと共に、関係者に対して謝罪およびメールの削除依頼のメールを送付しています。

流出情報は?

今回の事案で流出した情報は下記のものを合算した合計366件です。

  • 過去訪問した事業者:117件
  • 企業情報サイト登録事業者:249件

なお、同市は今後、メール送信時の作業手順や留意事項を周知徹底すると説明しています。

参照メールアドレスの誤送信についてお詫びとご報告/和歌山市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?