画像:キルフェボンWEB STOREより

ラッシュ株式会社は2018年6月11日、同社が運営するタルトなど洋菓子通販サイト「キルフェボンWEB STORE」が受けたサイバー攻撃の詳細情報を発表しました。

2018年6月4日より第三者機関による調査を依頼したところ、不正アクセスにより合計3万7,149件が流出したことが判明したとのこと。ただし、流出項目にカード情報は含まれていないと説明しています。

なお、同社は今回のインシデントを受け、全会員のパスワードをリセットするなどの対応を行いました。

関連記事不正アクセスの影響でWEBショップが停止、サイバー攻撃で発生する損害とは/サイバー保険比較.com

調査機関の報告を公表

同社の今回の発表は、調査を依頼した第三者機関の報告を踏まえたものです。

情報によると、攻撃を受けた原因は「WEBサイト内の脆弱性」とのこと。前述の通り被害規模は合計3万7,149件の会員情報(メールアドレス・パスワード)であり、既に海外の外部サイト1件に漏洩したことが確認されています。

現在は脆弱性改善を実施済

同社は今回の事案について、原因となった脆弱性に対して改善を実施したと報告しています。

また、具体的な日時は明らかにされていないものの、今後セキュリティー強化の対策を実施する予定も公表しました。

サービス再開の日程は明らかにされていませんが、発表時点で実施中の同社イベント「2018 桃の試食会」の応募情報は別のシステムにて運用するなど、対応は進んでいるものと考えられます。

参照メールアドレスおよびパスワード情報流出に関するお詫びとご報告/キルフェボンWEB STORE

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?