画像:株式会社MS&Consultingより

覆面調査などのリサーチ業務を行う株式会社MS&Consultingは2018年6月1日、同社が受けた不正アクセス被害の続報を発表しました。

関連記事WAF設定ミスで不正アクセス被害、最大6,119件の個人情報流出か|MS&consulting

同社は2018年5月14日時点で6,119件と述べていましたが、外部調査機関とのフォレンジック調査により、5月2日以前も不正アクセスを受けていたことが判明。結果として、漏洩可能性のある個人情報も約57万件へと上方修正することとなりました。

事案の続報は?

同社へのサイバー攻撃は2018年5月14日に明らかにされており、当初の漏洩可能性を持つ情報は6,119件と発表されていました。

同社はその後2018年5月15日に、外部調査機関を交えた安全性の再検証・フォレンジック調査を実施。2018年5月28日に同社サイトの安全性確保が確認されたものの、2018年6月1日に2018年5月2日以前も不正アクセスを受け続けていたことが明らかになったため、今回の上方修正へと至ったと説明しています。

漏洩可能性の指摘される情報は?

情報によると、漏洩可能性が懸念される情報は2005年5月より2018年5月2日の間に登録された情報です。

内訳項目は以下の通り。57万件の情報の中には、重複登録や正常な登録手続きが完了していないもの、メール配信停止中のものも含まれれるとのことです。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 電話番号

なお、発表時点でパスワードを用いた不正ログインは確認されていないとのこと。また、金融機関口座の情報など、項目外の流出可能性等も確認されていないと説明しています。

参照当社ホームページの不正アクセスによるご登録情報の流出可能性について(続報)調査結果と再発防止策/株式会社MS&Consulting (PDF)

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事