画像:株式会社ナカミツ「World import tools」より

株式会社ナカミツが経営するECサイト「World import tools」2018年5月21日、何者かの不正アクセスを受けていたことを明らかにしました。

同社報告によると、サイバー攻撃によりクレジットカード情報最大1,003件が漏洩した可能性があるとのこと。

なお、サイトは販売サービスを既に終了しており、現在はブログ情報のみが確認できる状況です。

事案の概要は?

株式会社ナカミツの報告によると、2017年7月26日に決済代行会社を通じてカード会社より「同社サイトで情報流出の懸念がある」と連絡が入ったとのこと。

連絡を受けた同社は同日中にカード決済の停止を決定。更に外部の専門調査会社に依頼を行い、詳細情報の調査を実施したと説明しています。

その後2017年9月12日に調査会社より報告を受領。不正アクセスの直接的な証跡は発見されなかったものの、カード情報漏洩の可能性は否定できないとの結論に至っています。

被害規模や被害者対応は?

同社報告によると、流出可能性の指摘されているカード情報は2017年4月20日~7月26日の間に、同サイトを利用してカード決済を行った最大1,003件の個人情報です。

同社は店舗での販売や代引き取引も利用していましたが、今回漏洩可能性が指摘されている顧客情報はウェブサイト上の取引を行った顧客に限定されるとのこと。

なお、同社は該当する利用者に身に覚えのない請求がないか、確認することを呼び掛けています。

参照不正アクセスによるカード情報流出に関するお知らせとお詫び/株式会社ナカミツ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?