画像:エーアンドエー株式会社より

「Vectorworks」などを販売するエーアンドエー株式会社は2018年4月16日、同社のウェブサイト「ユーザ登録サイト」が何者かの不正アクセスを受けたことを公表しました。

同社発表によると、攻撃者は「ユーザID及びパスワードを忘れた場合の通知機能」を悪用。合計6名のアカウントに対して不正にログインを行ったものと見られています。

事件の経緯は?

事件が起きたのは2018年4月5日~6日の2日間。攻撃者は「ユーザID及びパスワードを忘れた場合の通知機能」を利用してアカウントに対して、「なりすましログイン」による不正アクセスを敢行。

2018年4月9日に事態を把握したエーアンドエー株式会社は、ウェブ上の通知機能を停止。IDパスワード紛失時の対応は、電話連絡に切り替えを行ったとのことです。

なお、同社はその後、不正アクセスの被害者合計6名に対して個別通知を行い、パスワードの再設定を行ったとのことです。

流出した情報やその後の対応は?

エーアンドエー株式会社の報告によると、今回の不正アクセスにより、「名義、住所、電話番号等の登録情報」および「製品の登録履歴」が閲覧された可能性があるとのこと。

再発防止策および事後対応としては、以下のものを挙げています。

  • セキュリティレベルの向上策を講じる
  • 事案の解明を行うために警察と相談対応
  • 利用者に対してパスワードの再設定を促す

〈参照〉弊社ユーザ登録サイトへの不正アクセスについて/エーアンドエー株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?