ビットコインに代表される仮想通貨が、世界中の注目を集める昨今、「マイニング」を悪用したツールも増加の一途を辿っています。

大手セキュリティー企業のトレンドマイクロは、こうした「コインマイナー」被害を懸念。メールやアプリを介して知らぬうちにサイバー攻撃の片棒を担がされる危険性に対して、警鐘を鳴らしています。

ビットコインとマイニング

ビットコインは一般的に金銭を介して取引されるものですが、もう1つ「マイニング」と呼ばれる入手法も存在します。

マイニングはブロックチェーン上にて取引整合性を保つために、マイナーがリソースを貸与する代わりに一定の報酬を得るというもの。多くの場合は企業単位で行われているものの、個人でマイニングを行う事も不可能ではありません。

他人のリソースを使って報酬を得る「コインマイナー」

ところが、こうしたマイニングの注目度が上がるにつれ、他人のリソースを不正に使用し、利益だけを得る「コインマイナー」と呼ばれるマルウェアが登場しました。当然の流れと言うべきか、仮想通貨の注目度が増すにつれて、コインマイナーの被害件数も増えています。

トレンドマイクロによると、こうしたマルウェアの感染源は主にスパムメールや不正なURLに迷惑アプリ。既に「グーグルプレイ」でも、コインマイナーが2件ほど確認されています。こうした新しいタイプのマルウェアは、今後更に注意が必要だと言えるでしょう。

<参照>
仮想通貨の採掘に他人のPCを無断利用 気づかぬうちに不正ソフト侵入、対策は.../J-CASTニュース

モバイル端末向け仮想通貨発掘マルウェア、Google Play で確認/トレンドマクロセキュリティブログ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?