画像:InterFM897ホームページより

株式会社InterFM897は、WEBサーバへの不正アクセスにより、リスナー2728人分の個人情報が流出したことを明らかにした。

同社によると、2012年のゴールデンウイークに開催したキャンペーンサイトのプレゼント応募者データの個人情報がTwitter上(4月29日投稿)に2728件が流出した形跡があることが判明したとのこと。個人情報には、氏名、性別、年齢、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれていた。

今回の流出ルートは、SQLインジェクションの脆弱性とされているが、不正アクセスを受けた時間帯などは判明していないという。

同社では、Twitterに投稿された個人情報の削除を5月1日に申請。9日に削除を確認した。また対策として、テーブル内のデータを削除したほか、データベースのテーブル名も変更、FTPパスワードの変更などを実施した。

同社は、InterFM897から銀行の口座や、クレジットカード情報、暗証番号、マイナンバーなどを聞くようなメールを送ることは絶対にないため、差出人や、件名にInterFM897の表記があるメールが届いたとしても開封を控えるなどくれぐれも注意するよう、リスナーにお願いしている。

また、社内外の構成員とする調査対策委員会を5月1日付けで設置。引き続き、不正アクセスの分析など、事実関係や原因究明の調査を行うとしている。

<参考>
InterFM897WEBサーバへの不正アクセスによる個人情報流出に関するお知らせ/InterFM897

InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明/Security NEXT

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?