大規模サイバー攻撃被害‐日立製作所や運営病院でも

この記事は約 1 分で読めます。


画像:日立製作所HPより

世界各地で大規模なサイバー攻撃の被害が広がる中、大手電機メーカー、日立製作所は15日、社内システムがサイバー攻撃を受け、メールが送受信できなくなるなどのトラブルが出ていることを明らかにした。

現在、データを暗号化して、復旧することと引き換えに金銭を要求する「ランサムウエア」(身代金要求型ウイルス)による大規模のサイバー攻撃被害が世界各地で多発している。

関連記事:世界規模のサイバー攻撃、150か国で20万件以上‐日本でも2件の被害が確認

日立製作所によると、この世界各地で被害が相次いでいる一連のサイバー攻撃と同じ種類のサイバー攻撃と見られるということで、現在復旧作業を急いでるとのこと。

また、同社が運営する茨城県内の「日立総合病院」でも、メールが送受信できなくなるなどの被害が起きていたことがわかった。病院によると、13日から職員のメールの送受信ができなくなり、またメールの閲覧も添付ファイルの開封もできなくなる障害が起きたということ。

15日も障害は続いており、病院は復旧作業を急いでいる。今ところ、病院の診察業務などには影響は出ていないということ。

<参考>
日立製作所 サイバー攻撃で社内システム一部に障害/NHK NEWS WEB
サイバー攻撃 日立製作所が運営の病院でも障害/NHK NEWS WEB

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ