画像:国立情報学研究所HPより

相次ぐ大学へのサイバー攻撃を受け、文部科学省傘下の国立情報学研究所(以下NII)は、2017年3月より攻撃を検知するシステムを導入し、攻撃検知を行うとしています。

NIIでは平成28年度より「大学間連携に基づくサイバーセキュリティ体制の基礎構築」事業を実施しており、ネットワークを経由したサイバー攻撃に対し国立大学法人が迅速にインシデント対応が行える様支援を行っています。

大学へのサイバー攻撃事例

<参照>
国立情報学研究所HP

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?