産業ガス供給大手の太陽日酸へサイバー攻撃、従業員の個人情報1万件超流出

この記事は約 2 分で読めます。


画像:太陽日酸株式会社HPより引用

2017年1月5日、国内外で産業ガス供給事業を展開する太陽日酸が、過去にサイバー攻撃を受け、従業員(退職者含む)の個人情報1万1105件が流出した可能性のあることを公表しました。

事件概要

同社によると、サイバー攻撃が発生したのは2016年3月とのこと。発覚後の対策により、2016年4月15日以降新たな不正アクセスは確認されておらず、また関連する不審メール等も報告されていないそうです。

漏洩した情報

サイバー攻撃により漏洩した情報は、太陽日酸グループの国内従業員及び退職者の情報11,105件です。

  • 会社名
  • 氏名(漢字・ローマ字)
  • 職位
  • メールアドレス

※取引先に関する情報は含まれていない。

漏洩後の対策

  • サイバー攻撃早期検知のための監視体制強化
  • サーバの管理者権限を搾取されないための対策強化
  • 不正遠隔操作を防止するための対策強化

<関連サイト>
サイバー攻撃に関するお知らせ/太陽日酸株式会社

事件について

今回の発表は、一部報道機関から本件に関しての記事が掲載されたことにより行われました。取引先企業に関する情報漏洩の事実が無いために、公表されなかったと考えられますが、外部のリークで情報漏洩が発覚してしまうことは、企業にとってはマイナスです。

特に、産業ガスという重要インフラを取り扱う企業であるだけに、「サイバー攻撃を受けたが既に対策済みで問題ない」等の発表を早い段階で行っておくべきだったと感じます。

こちらのページもご覧ください。

メルマガ会員登録(無料PDFプレゼント)

メルマガ会員登録をしていただくと下記PDFもプレゼント!
0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック

企業における情報漏洩対策として重要な、セキュリティ対策のための知識として基本的な「まずは知っておくべき内容!」をピックアップし、約40ページのPDFに整理いたしました!

その具体的な内容は、


img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラから