サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

低コストでハイパフォーマンスのサーバ運用を実現する為にするべき3つのこと



最近は企業のコスト意識が非常に高く、出来るだけ費用をかけずに最大限の効果を出すことが求められます。それはIT関連の投資であっても同じで、本当に必要なものに最小限の投資を行って最大限の効果を得ることが必要とされます。

サーバの導入と運用に際して、これを当てはめると「低コストで、かつハイパフォーマンスのサーバをいかに導入するか」そして「いかに低コストで安定した運用を行うか」という命題に行きつきます。

では、これらを実現するためにするべきことはどういったことなのでしょうか。何をすれば「低コストでハイパフォーマンスなサーバ運用」は実現できるのでしょうか。

重要な3つのポイント

1 必要十分なパフォーマンスとリソースを持つ機器とシステムを導入すること

筆者もそうですが、サーバエンジニアが顧客や自社の案件としてサーバ導入設計を行う場合、必ず通るが1の段階です。

ここで重要なことは既存サーバの利用状況、もしくは想定されるシステムの運用・利用形態を元にして、新しいサーバがどのくらいのリソースを必要とするかを想定して算出・設計する「サイジング」です。サイジングよって、どれくらいの能力のCPUが必要でメモリやディスクはどのくらいのサイズが必要といったことがすべて明確になります。

この作業は構築後のサーバのパフォーマンスに直結するだけでなく、実際の機器やソフトウェアなどの購入コストにも直結するので非常に重要です。この段階で、必要なリソースに合致するシステムを導入することが、結果的に「低コストでかつハイパフォーマンス」のサーバ機器運用を実現することに繋がります。

2 業務プロセスを軽量かつシンプルなものとする

業務プロセスを軽量かつシンプル化することもサーバの低コスト化とパフォーマンス向上に役立ちます。プロセスを処理が重く高い処理能力を必要としたものから軽量かつシンプルなものと改修することによって、高価なハイエンドサーバが必要なくなる、また相対的に速く処理されることでパフォーマンスの向上につながるというメリットがあります。

3 利用業務にあった適切なチューニングを施す

サーバやシステムの初期導入時にやるべき非常に重要なことですが、OSやソフトウェア製品を利用業務や使い方に応じて最適なパフォーマンスを発揮するようにチューニングをします。より少ないリソース消費で安定して高いパフォーマンスを発揮するように設定すれば、そこまで高い性能のサーバを購入せずとも、より効率的なサーバ運用が行えるようになります。これも結果的にサーバ導入や運用コストの削減に繋がると言えるでしょう。

おわりに

このように低コストでハイパフォーマンスのサーバ運用を実現するためのポイントはいくつかありますが、重要なことは業務上必要な処理リソースに対して適切に把握し、それを踏まえて最適な形で設計したシステムを導入することです。

これによって、導入したシステムがオーバースペックやアンダースペックといったことがなくなり、導入・運用コストとしても必要十分な支出に収まるはずです。

また、併せて行うべきことはシステムへのチューニングです。業務にあったチューニングをOSやソフトウェアに行うことで、システムが全体として持ちうる性能をすべて最大限に引き出すことが出来ます。企業のコスト削減の観点からも、より求められるリソースにあったシステムの導入と、その性能をチューニングによって最大限に引き出す運用を行うことが今後さらに求められるようになるでしょう。

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。