サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【身近なセキュリティリスク】新型iPhone発売の便乗詐欺に注意!



いよいよ毎年恒例となった新型iPhoneの発表と発売の季節になってきました。今のところ正式に発表はされていませんのであくまで推測の域を出ないのですが…数々の新機能が搭載されるとの予想もあり、ネット上では様々に盛り上がりを見せ始めています。

それに伴って、このiPhone人気に便乗した詐欺サイトが表れています。

  • 「新型iPhoneが無料でもらえます」の偽広告
  • 「ウィルス感染が発生しました」の偽警告メッセージ

このような偽の情報を表示することで、ユーザーに不正アプリのインストールを促すものが多く報告されているのです。

実際の便乗詐欺の手口について

先日、独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)のウェブサイトでも警告アナウンスがされましたが、Webサイトの閲覧中に先のようなメッセージや画面が出ることによって、ユーザーにクレジットカードの番号や住所などの個人情報を入力させたり、不正なアプリケーションのインストールをさせたりといった内容になっています。この不正なアプリケーションも個人情報等を取得し、悪用するものが多くなっています。

この記事で扱われている内容はいずれも以前からあった手法で、特に目新しいものではないのですが、ポイントは“iPhone人気”に便乗しているというところだと思います。

誰しもがそうであると思いますが、通常であれば冷静に正確な判断が出来るため、こういったサイトやメッセージが出てきても「何か変だ」というようにおかしいことに気付く場合も多いと思います。しかし、新型iPhoneの話題で盛り上がり人々が早く入手することを楽しみに待っている今、通常よりこういった詐欺に引っかかってしまうケースも多くなると思います。くれぐれも注意すべきです。

詐欺にあってしまった際の対処法とは?

では、もし詐欺にひっかかってしまったらどうすれば良いのでしょうか。まず、クレジットカード等の個人情報を入力してしまった場合は、暗証番号の変更や、場合によってはクレジットカード会社に連絡し、使用停止処理を行うことも必要になるかもしれません。何はともあれ、厄介な対応をすることが必須となってしまいます。

不正アプリの方はどうでしょうか。不正に気付き、インストールしなかった場合は問題ありませんが、インストールしてしまった場合は、やはり同様の対応が必要となってしまいます。

おわりに

重要なことはこういった事象があるということをしっかりと認識し、こういったサイトやメッセージに遭遇しても適切な対応がとれるようにしておくことです。それによって、被害に遭うことを最小限にすることが来るはずです。

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。