FW(ファイアウォール)ツールの種類と選び方のポイント

この記事は約 5 分で読めます。



「サイバー攻撃から自社の情報システムやWebサイトを守りたい」と、その方法論と対策を検討しているネットワーク担当社は多いだろう。

コンピュータはソフトウェア、そしてハードウェア、ルーター等の多くの電子機器と密接に結びつきながらインターネットを通じて私たちに多くの機能を提供してくれている。
だが、その反面としてこれらの一つ一つの要素がサイバー攻撃の対象となりうる可能性があり、それらの攻撃を受ける要因となる脆弱性は適切な対策を取らなければ対処仕切れない。

では、サイバー攻撃を未然に防ぐ為のファイアウォールツールの選び方や種類に関して詳しくお伝えしていく。

FW(ファイアウォール)とは

ファイアウォールとは、ネットワークセキュリティの為のツールだ。
ハードウェアとソフトウェアの両方において実行され得る不正なアクセスやウィルス攻撃に対する防衛機能である。

そして、 企業の組織内部でのみ構築されたネットワーク環境である「イントラネット」とインターネットとの間に設置する事で、不正アクセスや攻撃を防御してくれる防御システムの事である。

必要性とメリットについて

ファイアウォールツールが提示してくれる一番のメリットは、高い防衛性能を持ってインターネット等の外部環境から自社のシステムを分離し、安全な状態にする事にある。

もし、インターネットと自社のWebサイトが全くセキュリティツールで守られていない場合では、外部からのサイバー攻撃をいとも簡単に受けてしまう恐れが生じてしまう。
このような外部からの悪質なサイバー攻撃を防ぐためのセキュリティツールとしてファイアウォールは必要だ。

では、ファイアウォールが安全を確保する仕組みだが、それは予め決定しておいた通信しか受け付けない仕組みを前提する事で、Webサイト等の安全性を保全する機能を持ち合わせている。

FW(ファイアウォール)の種類とは

FWはまず二種類に分類する事が出来る。

パケットフィルタリング型ファイアウォール

外部から流れてくる不要なデータを遮断したり、内部からのデータの漏えいを防ぐ事で安全にインターネットに接続する。
インターネットのデータ内容の単位である「パケット」を対象にしながら、事前に決められていないデータファイル等を未然に取り除く事が可能だ。

アプリケーションゲートウェイ型ファイアウォール

コンピュータがWebサーバにアクセスする時の中継点となる機器「プロキシサーバ」を、ファイアウォールとして使用することで、社内ネットワーク(イントラネット)とインターネットを安全に接続する事が可能である。
言ってしまえば プロキシサーバがファイアウォールであり、パケット通信(インターネットのデータの内容)を確認する事が可能なので、安全性が高まる。

選びかたのポイントとは

「特に防ぐもの」等、特に遮断すべきなのは?

ファイアウォールツールを選択する時にまず考えるべき事は、外部からのサイバー攻撃から自社のWebサイトや情報システムを適切に守る事にある。
だからこそ、ウィルスが入っている不正なデータファイルを受信しないようなセキュリティ面体制を整えたり、不正なアクセスによるサイバー攻撃を防ぐ必要がある。

そして、様々なタイプのファイアウォールツールを駆使しながら万全なセキュリティ対策をしていく事が重要である。

「どんな種類のファイヤーウォール」を利用すると良いのか?

ファイアウォールツールは二つに分類する事が可能だが、可能ならばパケットフィルタリング型ファイアウォールとアプリケーションゲートウェイ型ファイアウォールの両方を利用する事をお勧めする。

外部からの不正なアクセス等に対応しているが、重点的に防御している点が違う為にどちらもを選択した方が良い。

なぜなら、アプリケーションゲートウェイ型ファイアウォールはよりインターネットに近い所で外部からの防御をしてくれるのに対して、パケットフィルタリング型ファイアウォールはよりコンピュータに近い所で防御をしてくれるからだ。

「どの程度の価格」がかかるか?

ファイアウォールを通じたセキュリティの場合の価格は、は、低価格帯で数十万円からこう価格帯で数百万円となる。
これらの値段の違いは手厚いサービスをしてくれるかや、多くのサイバー攻撃のパターンから企業を安全にしてくれるのかによって変化していく。

価格の向上によって結果としてサイバー攻撃の防御が強固になっていくと考えると良いだろう。

各企業においてどれだけの安全性を確保したいのかを考慮する事で、適切な価格帯と機能性を獲得する事が可能だ。

「相談」は可能か

ファイアウォールツールを通じてセキュリティを高める事を検討しているなら、セキュリティ企業からの適切なアドバイスを貰えるようにする事だ。
相談を通じて自社のセキュリティ面の問題や課題を浮き彫りにする事も可能であり、問題が発生した場合にはすぐさま対処してくれる関係性が重要である。

日常的に相談する事が可能な企業であるならば、緊急事態であっても適切な対処をしてくれるはずだ。

「これまでの実績」はどうなっているか?

ファイアウォールは多くのWebサイトを保有する企業にとって当たり前のセキュリティツールとして現在も扱われている。

が、それらの機能や安全面等を事前に知る事は以外と容易な事ではない。
だからこそ、サービス導入を検討しているセキュリティ企業の実績を確認する事が重要だ。

国内での販売台数や、海外での評判等様々な視点から企業の安全を確保するファイアウォールツールを選択する事をお勧めする。

まとめ

ファイアウォールは多様化するサイバー攻撃を適切に対処する為の極めて重要な防御機能の一つである。
特に、インターネットを通じたサイバー攻撃を未然に防ぐ為にも外部から不正アクセスやウィルス攻撃を適切に対処する事は、今後企業が健全に発展していく上でも必要な指標となり得るだろう。

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ