サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

不正コード・マルウェア検知サービス(株式会社レイ・イージス・ジャパン)

独自開発の静的・動的解析技術によって、各種システムや開発プログラムに不正コードやマルウェアを圧倒的な精度で検知します。

レイ・イージスの不正コード・マルチウェア検知サービスは、システムや開発データにマルウェアが潜んでいないか、静的・動的解析によって対象システムやファイルを調査するサービスです。
独自開発のAIエンジンによるコード解析や動的解析などによって、既知だけでなく亜種や新種(ゼロデイ攻撃)の挙動も検知可能。昨今、件数が増加しているソフトウェアサプライチェーン攻撃への対策としても利用できます。レイ・イージスのマルウェア検知サービスは、「表層解析」「静的解析」「IP/URLレピュテーション確認」「動的解析」という独自の4フェーズの処理を通して検査を実施することで、既知のマルウェアだけでなく亜種や新種も検知することができます。
*ソフトウェアサプライチェーン攻撃とは、開発中段階でのサイバー攻撃による不正なコードの埋め込みやコードを仕込んだライブラリをソフトウェア開発者に利用させることで、ソフトウェア製品にバックドアなどのマルウェアを仕込む攻撃方法です。ソースコードの確認などで直接安全性を把握できず、安全性が不確かなサードパーティのWebサイトに接続してしまう挙動は静的解析だけでは判断できません。

【サービスの提供形態】
【1】ワンショット不正コード、マルウェア検知サービス
開発コードや、システムに潜む不正コードやマルウェアを検知するワンショットでのサービス
【2】不正コード、マルウェア検知システム短期持込みサービス
レイ・イージスがAI Sandbox機能を内蔵した、不正コード・マルウェア検知システムを持ち込み、対象機器の指定ファイルを検査し、検査結果を報告します。
【3】クラウド型不正コード、マルウェア検知定期サービス
お客様専用の不正コード・マルウェア検知システムをクラウド上に用意し、1ヶ月単位でファイルスキャン及びマルウェア検知サービスをご利用いただけます。
【4】不正コード・マルウェア検知システム、サブスクリプションライセンス
年単位でのサブスクリプションライセンス。お客様環境に合わせたスクリプトの提供や、ゲストOSの設定などの作業まで含まれます。

3つのポイント

  • POINT 01

    世界中のペネトレーションテスト、フォレンジック調査、ハニーポットでの最新のマルウェア収集での知見が生かされた検知システム

  • POINT 02

    ファイル調査のみのため、導入済みのOSやセキュリティ機器に依存しません。(OS依存のファイルなど細かな制限については別途ご相談)

  • POINT 03

    お客様のご都合に合わせて、ワンショットでのサービス、短期貸し出し、SaaS型サービス、サブスクリプションと4つのメニューを用意

製品・サービス概要

営業対応エリア 全国対応
対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 クラウドサービスもしくはアプライアンスでの提供
参考価格 ワンショット 20万円、SaaS型サービス 月額38万円~

資料サンプル

製品・サービス詳細

ゼロデイ攻撃を検知するAI技術やペネトレーションテストなどの経験をもとに作られた次世代AI Sandboxを利用し、独自の4フェーズの処理を通じて不正コードや、既知・亜種・新種マルウェアを検知します。

その他のセキュリティサービスとの位置づけを以下の表にまとめてみました。

他のファイル検査手法との比較をしたものをまとめてみました。

企業情報

会社名株式会社レイ・イージス・ジャパン
本社所在地

〒163-0532

東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル32階

設立年月2019年10月01日
資本金5000万円
従業員数7名
事業内容

セキュリティサービス

代表者名青木 登