三重県旅行イベント、委託事業者が誤送信で参加企業のアドレス498件流出|サイバーセキュリティ.com

三重県旅行イベント、委託事業者が誤送信で参加企業のアドレス498件流出



画像:三重県より引用

三重県は2023年2月4日、県が実施する旅行支援イベント「みえ得トラベル地域応援クーポン」の委託先事務局について、所属職員が誤送信を起こし、参加事業者のメールアドレス498件が流出したと明らかにしました。

三重県の説明によると、職員は2023年2月3日、イベント参加事業者に最終換金の案内メールを外部一斉形式での送信を試みました。ところが、職員は電子メールを送信する際、本来「BCC」で送るべきところを誤って「宛先」に入力したまま送信していたとのこと。

メール送信後、事務局がチェックしたところ、誤送信が判明。報告を受けた県は、委託事業者に謝罪および誤送信メールの削除を依頼する指示。今後は送信前に複数名で確認するなど、再発防止を盛り込むよう求めました。

参照委託事業者によるメールアドレスの流出について/三重県




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。