朝倉書店、不正アクセス原因でホームページやサービスに障害|サイバーセキュリティ.com

朝倉書店、不正アクセス原因でホームページやサービスに障害



画像:株式会社朝倉書店より引用

株式会社朝倉書店は2023年1月5日、同社が運営するホームページ及び医療従事者向けサービス「デジタル内科学」にて、不正アクセスが発生し、接続障害が起きたと明らかにしました。

説明によると、障害の原因は同社サーバーに対するサイバー攻撃への対応によるものです。不正アクセス発生時、同社が緊急的な対応をとったところ、サービスに接続障害が発生する結果になったと説明しています。

同社によると、サイバー攻撃は休業期間中の年度末に発生しています。年末年始は企業のシステム担当者が不在になるなどサイバーリスクが高まりますが、同社においても休業期間中であったため、対応が遅れる結果になったとのこと。

なお、同社によるとホームページやサービスは公表時点で正常に復旧。個人情報の流出等の被害も発生していないとのことです。

参照【お詫びとお知らせ】/株式会社朝倉書店




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。