杏林大学医学部付属病院、患者27名のUSBメモリ紛失|サイバーセキュリティ.com

杏林大学医学部付属病院、患者27名のUSBメモリ紛失



画像:杏林大学医学部付属病院より引用

杏林大学医学部付属病院は2022年6月30日、同院に所属する医師が患者27名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失したと明かしました。

説明によると、USBメモリには患者の氏名や睡眠時の動画、検査データなどが記録されていましたが、判読に時間を要するため医師が帯出していたとのこと。ところが2022年6月19日の帰宅後に紛失に気付いたとしています。

同院によると、USBメモリにはセキュリティロックなどはかかっておらず、読み取りは可能な状態です。しかし、検査データは専用のソフトウェアを使用しなければ読み込めず、また、動画も赤外線を通したものであり、個人の特定は困難と説明しています。

ルール守られず、教育実施で再発防止へ

杏林大学医学部付属病院によると、同院では紛失発覚後、対象となる患者に、謝罪及び経緯を説明した文章を郵送しています。

また、同院では診療データを院外に持ち出さないよう定めていましたが、徹底されていなかったと説明。再発防止に向け今後は情報取扱に関する教育を実施し、再発を防止するとしています。

参照個人情報を含むUSBメモリーの紛失について/杏林大学医学部付属病院


医療機関でインターネットを安全に使うためには
「AXISスマートブラウザ」はコンテナ技術でパソコンの中に仮想的に安全な環境を作り、その中でChromeやEdge・Firefoxなどのブラウザを起動させるインターネット分離ソリューションです。さらに、インターネットサイトやメールで入手した情報やデータを安全に活用するための無害化機能も搭載しています。
  • 月額1,980円(税込)、初期投資0のリーズナブルな料金
  • 専用ソフトをPCにインストールするだけで利用可能、導入や運営のためのIT要員は不要
  • 無害化処理やウィルスチェック機能は標準搭載

サイバーセキュリティ.com限定 1ケ月無料体験クーポン プレゼント中!!

詳細はこちらから
株式会社アクシス




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。