サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Twitchにサイバー攻撃、ソースコードなど流出認める



米国アマゾンの傘下企業Video Games Chronicleが提供しているゲーム配信プラットフォーム「Twitch」が何者かのサイバー攻撃を受け、大規模な情報流出が発生したと明らかにしました。

情報によると、攻撃者はサイバー攻撃により入手したデータを記載したリンクアドレスを海外掲示板サイト「4chan」に公開するなどしたとのこと。

流出情報にはTwitchに関係するソースコードやTwitch配信者に支払われた金額のほか、独自SDKや内部AWSサービス、Amazon社がValve社提供のSteamに対抗するために準備していたサービスのソースコードなど合計125GBが含まれており、Video Games Chronicleもこれを認めました。

原因はアマゾンへの不満の可能性

Video Games Chronicle社は今回の流出を受け、Twitchユーザーにパスワード変更などの措置を取るよう依頼しています。記事発表時点で流出した情報を悪用した例は確認されていませんが、今後影響が発生する可能性も指摘されています。

なお、攻撃者は流出情報公開の際にジェフ・ベゾス氏を揶揄するかのような画像を掲載していました。同社サービスに不満を持っているものと見られています。

参照Amazon’s Twitch blames configuration error for data breach/ロイター


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。