10年以上前に紛失のUSBメモリ、何者かが北海道庁に郵送|サイバーセキュリティ.com

10年以上前に紛失のUSBメモリ、何者かが北海道庁に郵送



画像:札幌医科大学より引用

札幌医科大学はこのほど、10年前以上に紛失した大学関係者ら224名の個人情報を記録したUSBメモリが、何者かの手により北海道庁に送付されたと明らかにしました。

札幌医科大学によると、問題のUSBメモリは同大学に2004年~2006年にかけて勤務していた北海道職員が使用していたもので、内部には同大学に関わる学生や講師の氏名や住所などのデータが記録されていました。

このUSBメモリは2010年2月頃に紛失状態となり行方がわかっていませんでしたが、2020年7月に入り、何者かが北海道庁に郵送で送付。データを確認したところ、紛失していたUSBメモリと判明したとしています。

情報悪用は確認されず

札幌医科大学によると記事発表時点で、郵送されたUSBメモリの内部データが、第三者に悪用された形跡は確認されていません。

しかしながら、USBメモリが第三者の手に渡った可能性は高いことから、内部に記録されていた対象者に向け、不審なメールや電話が発生する可能性について言及。

また、今後は再発防止策を徹底し、情報流出への対策を強めていくとしています。

参照個人情報の入った記録媒体(USB)の紛失について




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。