B3リーグ動画サイトがサイバー攻撃被害、一時閲覧障害に陥る|サイバーセキュリティ.com

B3リーグ動画サイトがサイバー攻撃被害、一時閲覧障害に陥る



画像:一般社団法人ジャパン・バスケットボールリーグより引用

プロバスケットボールリーグB3の公式動画サイト「B3TV」は2021年4月3日、何者かが同サイトに対してサイバー攻撃を仕掛けたことにより同サイトの通信環境に障害が発生し、一時サイトへのアクセスが困難な状態に陥ったと明らかにしました。

発表によると、攻撃者はサーバーに対して意図的に過剰な通信負荷をかけるDoS攻撃と呼ばれる手法でサイトを攻撃。これにより同社が運営する「B3TV」において他のユーザーが通信しずらい状況に陥り、障害が発生したとしています。

接続元をブロックし対処

「B3TV」を運営するヒューマンアカデミー株式会社によると、同サイトでは既に攻撃者の接続元を特定し、サーバーへの通信をブロックする措置を講じています。

また、同社は攻撃を受けたサーバーを復旧させたため、現在では障害は解消されているとのこと。なお、サーバー内部への侵入や情報流出などの形跡は確認されていないとしています。

参照【B3TV】WEBサイトへのアクセス障害のお詫び




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。