ランサム感染でサーバー情報流出か|ランドブレイン株式会社|サイバーセキュリティ.com

ランサム感染でサーバー情報流出か|ランドブレイン株式会社



画像:ランドブレイン株式会社

ランドブレイン株式会社は2021年3月4日までに、同社サーバーがランサムウェアに感染した影響から、情報流出の可能性があると明らかにしました。

発表によると、ランサムウェア感染が明らかになったのは2021年2月22日のことで、同社は社内ネットワークを遮断し、全社員のパソコンにウイルススキャンを実施。

外部の調査専門会社に調査を依頼したところ、ランサムウェア感染による影響で同社サーバーから情報が流出した可能性が明らかになったとしています。

原因や影響範囲を調査

ランドブレイン株式会社は記事発表時点で、情報流出の範囲などを特定するため、調査を進めている状況です。

また、同社によると、警察やIPAに相談しながら、対策を進めている状況とのこと。

なお、調査は今月いっぱいかかる見通しで、判明した内容はホームページで公表する予定としてます。

参照不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお知らせ




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。