サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

誤送信で顧客リストを添付送信|株式会社アクセル



画像:株式会社アクセルより引用

輸入販売専門会社の株式会社アクセルは2021年1月23日、同社が発信したダイレクトメールについて誤送信が発生し、宛先となった343件について顧客リストが流出したと明らかにしました。

発表によれば2021年1月23日、同社杉並店JEEPブランドから顧客のメールアドレスに向け、ダイレクトメールを発信しました。ところが、発信を担当した従業員が不注意により同社の顧客名簿を添付したまま送信したことにより、名簿が外部に流出する事象が起きたとのこと。

名簿には氏名、E メールアドレスの他、取引に関する情報などが記載されていたことから、同社は対象者全員に個別に連絡を取り、事情の説明と謝罪を進めている状況です。

求められる再発防止策

誤送信による情報流出事案は、日本国内の各企業で発生し続けている事案です。

誤送信事案の多くは宛先設定のミスや添付ファイルの取り違えなど、ヒューマンエラーと呼ばれる、人為的な要因により起きています。これらの流出情報は不正アクセスによる流出と比べ、悪用されるなどの可能性は低いと見られていますが、組織の信用低下などの影響が避けられない事案です。

このため、多く企業はヒューマンエラーへの対策として、複数人によるダブルチェック制などを取り入れています。メール送信時やウェブサイトの更新時に複数の確認を通すことで、流出を防ごうという動きです。

参照個人情報の流出について


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。