サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

5G通信技術を他社に持ち出しか、ソフトバンク元社員が逮捕

  • LINEで送る

画像:ソフトバンク株式会社より引用

ソフトバンク株式会社は2021年1月12日、同社に所属し楽天モバイルに転職した元社員が、5Gネットワークに関する同社営業秘密を持ち出した疑いで、警視庁に逮捕されたと明らかにしました。

同社によると、逮捕された元社員は同社に在籍している間、5Gネットワーク用の基地局や固定通信網に関する技術へアクセスできる業務に従事していたとのこと。また、元社員が楽天モバイルで使用していた業務用PC内部には、同社の営業秘密が保管されていた事実も判明しており、何らかの形で利用されていた可能性もあるとしています。

このため、同社は今後、元社員への損害賠償請求も含めて対応を検討すると発表。また、営業秘密が他社で利用されることがないよう、秘密の利用停止と廃棄を目的とした対応を進めるとしています。

流出防止に向け対策強化

ソフトバンク株式会社は今回の流出を受け、情報の外部流出防止に向けたセキュリティ対策を打ち出しています。

具体的には、情報管理ポリシーの厳格化やアクセス権限の見直しを含めた情報資産管理の強化に加え、退職予定者の業務情報端末における権限の停止や利用制限の強化を発表。また、全役員と社員に向けたセキュリティー研修を実施し、業務用端末の利用ログを監視するシステムも導入するとしています。

参照楽天モバイルへ転職した元社員の逮捕について

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。