サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

NordPassが「2020年最も危険なパスワード200」を公開、安易な文字列は危険

  • LINEで送る


画像:NordPassより引用

パスワード管理関連サービスのNordPassはこのほど、2020年において最も危険なセキュリティ性を持つパスワード200ワードをリストアップし、一般公開しました。

パスワードは言うまでもなく、多くのサービスにおいてセキュリティ性を保つための必須要素です。しかし、NordPassは多くのユーザーが安易で推測可能なパスワードを用いている事実を浮き彫りにすることで、セキュリティ性の保持が十分に機能していない現実を警告。安易なパスワードは覚えやすいものの、攻撃にもろい側面をもつとして、警鐘を鳴らしています。

ランキング上位は下記の通りです。

1位 123456
2位 123456789
3位 picture1
4位 password
5位 12345678
6位 111111
7位 123123
8位 12345
9位 1234567890
10位 senha

大多数は「数字のみ」か「password」

今回公開された「脆弱なパスワードランキング」は、2020年度版として公表されているものです。

しかしトップ10に入った顔ぶれは、ほとんど去年のものと変わりません。大多数が「123456」や「123123」のような単純な数字のみを当てはめたものや隠す気すら感じさせない「password」が占めています。これらは攻撃者にとって非常に看破しやすく、NordPassは「1秒足らずでクラックされる」と警告しています。

一方、2020年度では新たな脆弱パスワードとして「picture1」や「senha」の2ワードも登場しています。「picture1」はともかく「senhaとは何か?」と首をかしげたくなるかもしれませんが、なんのことはありません、「senha」はポルトガル語でパスワードを意味しており、これまた脆弱なキーワードとしてリストアップされています。

参照Top 200 most common passwords of the year 2020/NordPass





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。