メール誤送信で顧客アドレス509件流出、フラッシュバックジャパン|サイバーセキュリティ.com

メール誤送信で顧客アドレス509件流出、フラッシュバックジャパン



画像:株式会社フラッシュバックジャパンより引用

株式会社フラッシュバックジャパンは2020年12月5日、同社製品を注文したユーザーに送信したメールについて、個人情報流出につながる誤送信が確認されたと明らかにしました。

発表によると、問題のメールは同社か2020年12月4日に発信したある商品の納品遅延を記載したもので、509件の宛先に向け送信されたものです。

原因は担当者による宛先設定の入力ミスで、本来同報者のアドレスを隠すためにBCCで送信すべきであるにもかかわらず、担当者がCC形式で送信したことにより、流出が発生したとのこと。このため、同社は被害者らに事情を説明し、メールの削除を要請しています。

チェック体制の見直しで再発防止へ

フラッシュバックジャパンによると、今回の誤送信ではメールアドレスのみが流出し、その他の個人情報は流出していないとしています。

また、原因が宛先設定の入力ミスという人為的なものであるため、チェック体制の見直しを進めることで、再発防止につなげるとしています。

参照メールアドレス流出に関する報告とお詫び/フラッシュバックジャパン




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。