サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

傘専門サイトでクレカ情報549件が流出か、不正利用被害の可能性も

  • LINEで送る

画像:株式会社イー・ビー・アイより引用

株式会社イー・ビー・アイは2020年11月5日、同社が運営する傘専門オンラインショッピングサイト「tokyo noble* online shopping」が外部からのサイバー攻撃を受けたことにより、同サイトで決済されたカード情報549件について、流出の可能性が生じていると明らかにしました。

発表によると、同社が不正アクセスの可能性を把握したのは2020年7月3日のこと。一部のクレジットカード会社より同社に向け、「カード情報流出の懸念」の連絡が入り、発覚したとしています。

同社はその後、「tokyo noble* online shopping」でのカード決済機能を停止しています。セキュリティ調査を専門とする第三者調査機関に同サイトの調査を依頼したところ、同サイトの改ざんにつながるセキュリティ上の脆弱性が見つかったほか、脆弱性を利用した、第三者によるサイトの改ざん行為が確認されたとしています。

一部では不正利用の可能性も

株式会社イー・ビー・アイによると、攻撃者は脆弱性を利用して、同サイトにクレジットカードの窃取が目的と考えられる改ざん行為を加えていました。

公開された情報によると、被害データは2019年6月25日~2020年6月19日の期間にかけて同サイトで決済されたカード情報で、総数は549件になるとのこと。情報の内訳としては、カード名義人名、カード番号のほか、有効期限やセキュリティコードが対象としています。

なお、同社によると流出懸念のあるカード情報のうち、一部においては不正利用被害が発生した可能性もあるとのこと。このため、同社は問い合わせ窓口を設置のほか、被害対象者らに個別に連絡を取り、対応を進める方針を示しています。

参照「弊社が運営するECサイトの不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ」/株式会社イー・ビー・アイ

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。