サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

エモテットの影響で大量のなりすましメール発信か|ケイエムリーシング

  • LINEで送る

画像:ケイエムリーシング株式会社より引用

国際自動車株式会社は2020年10月16日、同社グループ会社のケイエムリーシング株式会社に所属する従業員を騙った不審メールが、同社と過去やりとりした宛先に発信されている事実を明らかにしました。

発表によると、原因はメールアドレスやメール本文内容を流出させることで知られるマルウェア「Emotet(エモテット)」で、攻撃者は実在する従業員の名前を騙りながら、送信先の氏名や本文内容の一部を引用する形で不審なメールを送信しているとのこと。

同社はこれを把握し事実関係に向けて調査を進めるなどしていますが、すでに発生した不審メールは止めようがなく、送信先に向け開封せず削除するよう要請を進めています。

請求書などの名目で送信か

エモテットによる迷惑メールは、通常の迷惑メールと比べ「判別が難しい」とされるため、多くの企業で恐れられているマルウェアです。

エモテットは感染した端末からメールアカウントの本文内容やメールアドレスを盗み取り、攻撃者に提供する性質を持っています。このため、エモテット感染により発信される迷惑メールは、実在する職員を名乗っていたり、実際にやりとりした内容を引用した形であるケースが多く、判別が困難という側面を持っているからです。

実際、今回の同社発表においても、正規メールへの返信や請求書案内など、開封せざるを得ない内容がとられているとのこと。二次被害が発生する危険性は、非常に高いといえる状況です。

参照【重要】ケイエムリーシング社員と偽る迷惑メール(なりすましメール)に関するお詫びとご注意について/国際自動車株式会社

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。