サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

JAさがみ関連子会社がマルウェア感染、データ悪用の迷惑メール発生か

  • LINEで送る

画像:JAさがみより引用

藤沢市のJAさがみは2020年9月5日、同社の関連子会社である、さがみ協同開発株式会社の社内用端末4台がマルウェアに感染したことにより内部情報が流出し、同社と過去やりとりをした連絡先に不審な迷惑メールが送信されていると明らかにしました。

さがみ協同開発株式会社では2020年9月3日ごろより、同社従業員を名乗るメールが同社営業所に届くなどしていました。これを不審に感じた同社が全社の端末を調査したところ、社内で使用する端末のうち4台がマルウェアに感染した事実が確認されたのこと。

このため、感染を把握した同社は一度全端末を社内ネットワークから切り離し、セキュリティスキャンなど安全確保措置を取ったとしています。

メールアドレス流出か

JAさがみによると、現在はセキュリティスキャンも終了し、さがみ協同開発株式会社の端末は安全が確認されている状態です。

しかし、マルウェア感染によりメールデータが流出し、メールアカウント内の本文データなどが攻撃者に読み取られた可能性があるとのこと。このため、同社は過去やりとりした関係先などを対象に注意喚起を発表。メール受信時は表示名だけでなくアドレスを確認した上で、不審なURLや添付ファイルなどを開かないよう呼び掛けています。

参照さがみ協同開発(株)における「コンピュータウイルス感染および不審メールに関するお詫びとお知らせ」について/JAさがみ

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。