サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

東京都委託先の公益法人が誤送信、メール配信希望者のアドレス588件が流出か

  • LINEで送る

画像:東京都より引用

東京都は2020年8月31日、東京都人権プラザにて開催された「心と体を傷つけられて亡くなった天国の子供たちのメッセージ」展のメディア向けカンファレンス動画の配信希望者に宛てたメールについて誤送信が発生し、送信希望者のメールアドレスのうち588件が流出したと明らかにしました。

東京都によれば、同展は都が運営を委託した公益財団法人東京都人権啓発センターにより運営されており、誤送信は同法人の普及啓発課により発生したもの。

同法人では展示のメディア向けカンファレンス動画「いじめ問題について『いま私たち一人ひとりにできること』」を希望者に配信しており、事務担当者が外部一斉メールを発信していました。ところがこの事務担当者は、宛先設定を「BCC」ではなく「CC」にしたまま送信したため、送信先でお互いのメールアドレスが表示される事象が発生し、流出が確定したとしています。

受信者が指摘し発覚

問題の事務担当者はメール送信時、誤送信に気づいていなかったものと見られます。

東京都によると、誤送信は2020年8月30日に発生したものですが、同日中にメールを受信した人が東京都に指摘のメールを発信しています。ところが、都の説明によると事務担当者は翌日の2020年8月31日にメールに気づき、問題を把握。都に報告をあげたことにより、流出が明るみに出たとしています。

なお、東京都によると記事発表時点で、流出メールの悪用などは確認されていません。都では再発防止策として、今後セキュリティ対策の確認を徹底するほか、宛先設定について複数名で確認し、流出を抑制すると発表しています。

参照個人情報の漏えいについて/東京都

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。