サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

システム更新トラブルでユーザー情報流出の可能性|日本ワイド少額短期保険株式会社



画像:日本ワイド少額短期保険株式会社より引用

日本ワイド少額短期保険株式会社は2020年8月19日、同社が運用する保険証券閲覧システムについて、契約者が同一代理店で契約した別の契約者の情報を検索することで、当人の同意を得ることなく情報を閲覧することが可能な状態だったと明らかにしました。

同社によると2020年8月3日、契約者の1名から「別の契約者の情報が閲覧できる」と指摘を受けたことにより、流出の可能性が浮上。

これを受けた同社が調査を進めたところ、同システムはリリース当初こそシステムセキュリティが保たれている状態であったものの、2016年6月11日に実施されたクラウドシステムの更新により別の契約者の情報を検索する機能が有効となり、情報が閲覧できる事象が確認されたとしています。

氏名や性別などが閲覧可能に!日本ワイドは検索機能を削除

日本ワイド少額短期保険株式会社によると、同システムの問題発生から発覚に至るまでの期間は2016年6月11日~2020年8月3日です。

システムに登録されていた契約者情報は総数4万951件で、契約者や被保険者の氏名や性別、生年月日など(法人契約は対象外)が記録されていました。同社が調査したところ、期間中にシステムにログインしたユーザー810名と判明しており、流出の可能性が生じているとしています。

なお、同社は今回の事案の原因を「システム更新時のチェック不足」と発表。このため、今後はシステムのバージョンアップなどに際して、事前に運用上の不具合発生をチェックする仕組みを構築し、対策を進めていくとしています。

参照お詫びとお知らせ/日本ワイド少額短期保険株式会社





  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。