神奈川県HDD転売のブロードリンク元従業員、東京地方裁判所で判決

東京地裁は2020年6月9日、神奈川県庁で使用されていた個人情報を含むハードディスクがネットオークションで転売された事件について、犯人の51歳の男性に窃盗罪として懲役2年、執行猶予5年の判決を下しました。

同事件は2019年12月、神奈川県が使用するHDD機器などの処分を別の企業から再受託していたブロードリンク社から発生した事件です。起訴された男性は同社の従業員で処分業務を担っていましたが、金銭的な目的から本来処分するはずであったHDDなど複数の記憶媒体を持ち帰り、転売していたというもの。

内部データは一応消去されていましたが、男性から盗品と知らず購買したユーザーが「データが復元できる」と指摘したため、流出が発覚したものです。

反復継続的に転売、合計1,900万円の利益

事件発覚後の捜査により、犯人の男性はこれまで、神奈川県庁のHDD以外にも合計約7,900点の処分対象機器を転売していたことがわかっています。また、犯行は数年にわたって反復継続的に行われたばかりか被害総額は1,900万円を計上していたという事件です。

裁判所は判決にて、「記憶媒体の内部情報が漏洩し、神奈川県庁やほかの処分依頼者に大きな不安を与えた」と男性の行為が与えた影響の大きさを指摘。一方で、被告が転売で得た利益約1,900万円を企業側に返還している点を考慮して、執行猶予が相当との判断を下しました。

参照神奈川県庁HDD流出、元社員に懲役2年の猶予付き判決/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?