サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

WHO職員など450名のアドレス流出か、なりすまし詐欺など懸念

  • LINEで送る

画像:WHO reports fivefold increase in cyber attacks, urges vigilance/世界保健機関より

世界保健機関(WHO)は2020年4月23日、WHOにする職員450名および新型コロナウイルス(COVID-19)対応の外部協力者数千名のメールアドレスが、何らかの原因により外部流出したと明らかにしました。

WHOによれば、新型コロナウイルスの蔓延に合わせて機関へのサイバー攻撃も増加し、平常時と比べ約5倍にもの攻撃を記録した時期もあるとのこと。ただし、流出したメールアドレスは最新のものではないため機関のシステムに直接被害が生じた可能性は低いと、不正侵入の可能性は否定しています。

セキュリティ体制の強化を表明

WHOは今後考えられる可能性として、WHOや関係機関になりすましたフィッシングメール攻撃や詐欺サイトへの誘導など、詐欺行為の増加を挙げています。

実際に起きた事例として、COVID-19に関係した架空の基金を装う「寄付金詐欺」などが確認されているとのこと。攻撃者はWHOや職員関係者を装った動きを見せており、被害が懸念される状況です。

なお、WHOは一連のサイバー攻撃の流れを受け、組織内のセキュリティ体制の強化を発表しています。具体的には、これまで進めてきたセキュリティに知見を持つ民間部門と協力して強固なシステムの構築を進め、セキュリティリスクに対して知見を持つスタッフ教育に力を入れていく方針です。

参照WHO reports fivefold increase in cyber attacks, urges vigilance/世界保健機関

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。