サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

管理サーバが不正アクセス被害、電子誓約書締結者の情報流出│S-Collection株式会社

  • LINEで送る

画像:【重要】個人情報に関するお詫びとお知らせ(第二報)/S-Collection株式会社より

S-Collection株式会社は2020年3月31日までに、同社が運営する「電子誓約書」を管理するサーバーに対して、アイルランドのIPによる不正アクセスが発生し、署名誓約者および誓約途上のユーザー情報が外部流出したと明らかにしました。

同社によると2020年3月3日、システムチームが電子誓約書を記録するデータベースの異常を検出したため、セキュリティチームを創設しこれを調査したところ、2016年7月24日~2020年3月2日の期間にかけての登録情報について、第三者によるダウンロードの形跡が確認されたというものです。

第三者調査機関に調査を依頼

同社はインシデント発生後、第三者調査機関に調査および脆弱性診断を依頼しています。

また、脆弱性診断の過程で判明した問題についても、2020年3月222日時点で改修対応を完了したと発表。ただし、現時点では調査経過報告にすぎないため、今後は第三者機関からの最終の調査結果報告を受領し、セキュリティ強化など再発防止策を実施する方針を示しています。

なお、同社によるとインシデントにより流出した情報は、次の通りです。

流出対象者 電子誓約書を締結者 電子誓約書の締結中対象者
期間 2016年7月24日~2020年3月2日 2016年7月24日~2020年3月2日
内訳 ・氏名
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・氏名
・メールアドレス

参照【重要】個人情報に関するお詫びとお知らせ(第二報)/S-Collection株式会社

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。