サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

電子小説サービスが不正アクセス被害、メールアドレスなど最大3万3千件超流出の可能性

  • LINEで送る

画像:個人情報の流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社ビーグリーより

株式会社ビーグリーは2019年12月25日、同社が運営する電子小説サービス「ノベルバ」のサーバーが外部からの不正アクセスを受け、利用者のメールアドレスを含む個人情報最大3万3,715件について、流出の可能性があると明らかにしました。

インシデントは2019年12月19日、同社の監視プログラムが異常を検出したことにより発覚しました。同社が社内調査を進めたところ、情報流出の可能性が判明。現在、第三者調査機関に調査依頼を出しているところです。現時点で詳細は不明とのことですが、二次被害を防ぐため、顧客への報告を優先したとしています。

一部銀行口座情報も流出か

ビーグリー社によると、サイバー攻撃によりユーザーのIDやメールアドレス、生年月日などに流出の危険性が生じています。また、報酬プログラムに登録していた76件のユーザーについては、銀行口座情報も流出した可能性があるとのこと。

同社は既に警察当局など関係先に報告を済ませており、今後は問い合わせ窓口を設置し、顧客対応に当たる方針を示しています。なお、被害状況は次の通りです。

ユーザー個人情報

件数 最大3万3,715件
内訳 ユーザーID、ログインパスワード、ユーザーアイコン画像、メールアドレス、登録SNSのID(登録がある場合)、性別、誕生年、好きなジャンル、サイト内での行動データ

会員の口座情報

件数 76件
内訳 ユーザーID、氏名(カナ)、金融機関コード、金融機関名、支店コード、口座種別及び口座番号

参照個人情報の流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社ビーグリー

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。