サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

裁判所のHDD59台、ブロードリンクに処分委託で1台の処分確認取れず

  • LINEで送る


最高裁判所は2019年12月12日、最高裁を含む全国41庁の裁判所で使用していたハードディスクドライブ合計59台が、データ処分業者のブロードリンク社の手にわたっていたことを明らかにしました。

ブロードリンク社は2019年12月に入り、従業員による神奈川県HDDの転売事件に関連して、情報流出の懸念が起きている企業です。同社による流出を巡っては、ほかに長野県や熊本市も処分委託していたことが判明しています。

最高裁はブロードリンク社から処分報告書を受け取っていたことから、現時点で情報流出はないとの見方を示しています。しかし、処分委託したHDD59台のうち1台の報告書は見つかっておらず、今後調査を進めるとしています。

記憶媒体3904個転売し、約1,000万円の売上か

全てのデータを回収するのは、もはや不可能かもしれません。一連の事件のカギを握るのは、転売に関わったブロードリンク社の従業員です。問題の従業員は既に詐欺容疑で逮捕されていますが、警察当局によると容疑者はヤフオクやメルカリなどのネットオークションを通じて、合計3904個の記憶媒体を転売していたことが明らかになっています。

容疑者は警察当局の聴取に対して「約1,000万円くらい稼いだ」などと供述。数年間でこれだけの数を転売した点についても「簡単だったので、毎日のように盗んだ」と述べていることが明らかになっています。

参照:最高裁など裁判所41庁、情報流出業者と契約/Yahoo!ニュースより



  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


メルマガ登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。