裁判所のHDD59台、ブロードリンクに処分委託で1台の処分確認取れず

最高裁判所は2019年12月12日、最高裁を含む全国41庁の裁判所で使用していたハードディスクドライブ合計59台が、データ処分業者のブロードリンク社の手にわたっていたことを明らかにしました。

ブロードリンク社は2019年12月に入り、従業員による神奈川県HDDの転売事件に関連して、情報流出の懸念が起きている企業です。同社による流出を巡っては、ほかに長野県や熊本市も処分委託していたことが判明しています。

最高裁はブロードリンク社から処分報告書を受け取っていたことから、現時点で情報流出はないとの見方を示しています。しかし、処分委託したHDD59台のうち1台の報告書は見つかっておらず、今後調査を進めるとしています。

記憶媒体3904個転売し、約1,000万円の売上か

全てのデータを回収するのは、もはや不可能かもしれません。一連の事件のカギを握るのは、転売に関わったブロードリンク社の従業員です。問題の従業員は既に詐欺容疑で逮捕されていますが、警察当局によると容疑者はヤフオクやメルカリなどのネットオークションを通じて、合計3904個の記憶媒体を転売していたことが明らかになっています。

容疑者は警察当局の聴取に対して「約1,000万円くらい稼いだ」などと供述。数年間でこれだけの数を転売した点についても「簡単だったので、毎日のように盗んだ」と述べていることが明らかになっています。

参照:最高裁など裁判所41庁、情報流出業者と契約/Yahoo!ニュースより

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?