サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

神奈川県庁HDD流出のブロードリンク、社長が引責辞任を表明

  • LINEで送る

画像:<当社管理下にあるハードディスク及びデータの外部流出に関するお詫び>/株式会社ブロードリンクより

ブロードリンク株式会社は2019年12月9日、同社で発生した神奈川県HDDデータ流出事件についての同社見解を発表しました。

事件は神奈川県庁のサーバーで使用するHDDの処分業務をを受託していたブロードリンク社の従業員が、小遣い目当てでHDDを持ち出し、ネットオークションに不正転売していたというもの。ところが問題のHDDはデータ消去が不十分だったため、流出を知った落札者が関係機関に通報したという事件です。

同社は文章中にて、流出の経緯や持ち出し従業員への処分など、これまで(同社からは)明らかにされていなかった事実を説明しています。

転売従業員は懲戒解雇処分に

ブロードリンク社の発表によると、同社は2019年11月27日、外部から「廃棄対象のHDDがネットオークションで転売されていた」と通報を受け、事態を把握しています。

通報を受けた同社が2019年12月3日に、社内調査を実施したところ、従業員のうち1名がハードディスクの転売に関わっていた可能性が浮上。同社が聞き取り調査をしたところ、本人が転売を認めたため、流出が確定的となりました。

事態を知ったブロードリンク社は、所轄の大森警察に被害届を提出します。さらに神奈川県による記者会見が開かれた2019年12月6日には、転売従業員を懲戒解雇処分する決定を下しました。

1か月の営業停止、取締役は辞任へ

ブロードリンク社は事件発覚後、影響を受けた可能性のある県民らに謝罪を表明しています。同社社長は2019年12月9日に開催した記者会見にて、今回の流出事件の再発防止策を実施後、同社社長職を辞任する意向を表明。合わせて、同社は1か月の間、営業活動を停止する決定を下しています。

また、同社は再発防止策として、今後はHDDの破壊前と破壊後の写真撮影や、破砕室の入退室時は有人による金属探知検査を実施するなど、合計5つの防止策を発表。今後は実施に向けて動きを進める計画です。

参照<当社管理下にあるハードディスク及びデータの外部流出に関するお詫び>/株式会社ブロードリンク
参照データ消去企業の社長辞任へ 再発防止施策完了後/産経新聞

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。