大阪市港湾局サイトの使用済みドメインが第三者に悪用される

画像:報道発表資料 大阪市港湾局が公開していたサイトから公序良俗に反する内容を含むサイトへ接続される状態となっていた事象について/大阪市より

大阪市は2019年10月4日、同市の港湾局が過去のイベント用として公開していたサイトのドメインを利用した公序良俗に反するサイト(以後:問題のサイト)について、注意喚起を呼びかけました。

市の発表によると、問題のサイトのドメインはもともと、大阪市が「大阪港開港150年記念事業」の記録用ページとして公開していたもの。ところが委託先業者との間でドメインの権利期間等について十分な引継ぎがなく、第三者による利用が生じてしまったと説明しています。

市のホームページから不正転送の懸念も

今回の事案は、大阪市以外の外部の公共機関から指摘が入り、発覚しました。

大阪市によると、市のホームページには問題のサイトへのリンクがいくつか貼り付けられており、クリックした市民が意図せず問題のサイトにジャンプする可能性が生じていたと説明しています。そのため、事案発覚後、大阪市は市のホームページ内からリンク先を全て削除。さらにブックマーク等で直接ジャンプしてしまう可能性のある市民に向けて、リンク先を削除するよう呼び掛けています。

市は今後、ドメインの管理を厳しく行っていくと締めくくりました。

参照報道発表資料 大阪市港湾局が公開していたサイトから公序良俗に反する内容を含むサイトへ接続される状態となっていた事象について/大阪市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?