日本関税協会運営サイトが不正アクセス被害、カード情報最大228件流出か

画像:弊会が運営する「JTAS Store」への不正アクセスによるクレジットカード情報流出に関するお詫びとお知らせ/公益財団法人 日本関税協会より

公益財団法人・日本関税協会は2019年9月17日、同協会が運営するオンラインショップ「JTAS Store」が何者かの不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報最大228件が流出した可能性があると明らかにしました。

同協会によると、犯人は決済システムを改ざんし、クレジットカード決済をした顧客のカード情報を盗み取った疑いがあるとのこと。今後は警察当局などによる捜査に協力するとともに、顧客対応に当たる姿勢を見せています。

システム脆弱性が原因か

日本関税協会によると2019年5月24日、クレジットカード会社の一部からカード情報流出の懸念について通知を受け、インシデントが発覚しました。

通知を受けた同社が第三者調査機関に依頼し、調査を進めたところ、システムの一部に脆弱性が内在していると判明。攻撃者はこれを利用して侵入し、決済システムの一部を改ざんして、カード情報を盗み取っていたという流れが明らかになりました。

被害状況は?

日本関税協会が明かしたところによると、インシデントの被害状況は下記の通りです。

対象者 「JTAS Store」においてクレジットカード決済した利用者
期間 2018年12月21日~2019年5月24日
件数 最大228件
内訳 カード名義人名・カード番号・有効期限・セキュリティコード

参照弊会が運営する「JTAS Store」への不正アクセスによるクレジットカード情報流出に関するお詫びとお知らせ/公益財団法人 日本関税協会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?